忍者ブログ

広州Gumbo

中国・広州での日々の暮らし。国際結婚、海外育児、現地プチ情報などなど。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1212体験

いつからか不明ですが、ここ数年11月11日と12月12日は
「ショッピングの日」みたいです。様々なディスカウント
イベントがあります。

ネットでついつい不要な物まで買う羽目になるのはいやなので、
静観の構えでしたが、コンビニで「1212は半額!」というのを
見て、やっぱり参与したくなってしまった野次馬おばさんが
ここにひとり。

「支付宝銭包」というアプリを使用したプロモです。
まずここにアカウントを作成して、ひも付きの銀行カードを
登録しなければなりません。

アカウントはタオバオなどをやっていれば既に持っている
方も多いと思います。が、外国人の場合、アカウントがあって、
いくらネットバンキングをやっていても、このひも付き銀行
カード登録でつまずきます。
なぜなら、カードホルダーの身分証番号を入れるのですが、
中国公民のみ対応なのです。彼らの身分証番号16桁のもの
以外の番号はエラーがでて登録できません。

私はこれ専用の口座を夫名義で作ってもらい、使っております。
もし外国人の永久居留証などが取得できれば、その番号も16桁
ですから、銀行に登録して、使えるんでしょうねぇ。



実は今日が銭包初体験。ログインすると支払いバーコードという
選択肢があるのでタップ。



レジで品物をビッとしてもらったあと、携帯の上の
画面をレジ係にわたしてビッとしてもらうとあら不思議。



支払い
完了だそうです。
(ちなみに20元のお支払いまでがプロモの対象。そりゃそうだ。)

ひも付き銀行カードの残高が減る仕組み。

めっちゃ便利じゃないか!

しかし携帯もおちおち失くせませんね。
面倒でも携帯もパスコードは設定しておくべきなのか。
(アプリ自体には開くときにあらかじめ設定した
あれ、なんて言うんですかね、点を線で結んでロック
解除するやつ、それでアンロックします)

まぁとにかく、やってみたかった銭包体験ができて
満足しました。

最近、すこしやる気になってます。(こっそり宣言)
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
              
PR

奇跡の三つ子パンダ@広州

広州番禺にある長隆野生動物世界。今や、世界一のパンダの飼育数を誇る動物園なんだそうです。
2008年の四川の大地震で当地のパンダを五頭引き取ってからは、常に十頭前後のパンダを飼育していたようですが、今年の7月に三つ子の赤ちゃんが誕生。生存している三つ子のパンダは現在世界で唯一なのだそうです。

そして11月初旬、誕生100日目に一般公開が始まったパンダの三つ子たち!
そのニュースを見て、
「見に行きた〜い!」
とは思っていましたが、なかなか行かれずにおりました。
で、いよいよ明日予定もないので友人と行こうかという話になったので、調べたんですが、
予約制でございます。

上記ニュースに記載されている所によると、

毎日午後1時から2時 と 午後4時から5時 の二時間だけの公開
一日1000人まで
予約は微信(We Chatという中国のアプリ)の公式アカウントをフォローして、
そこから申し込み

とのことで、やってみました。

これ微信(ご存知ですよね・・・結構便利なのでまたそのことは別記事で)
 

アプリのメニュー「連絡先」の「公式アカウント」をタップ
(あ、すみません、赤丸の囲みは無視してください)


右上の「+」をタップして検索をする
(この画面の検索窓にキーワード入れても無反応なので、「+」から検索)


で「长隆」というホワイトタイガーのキャラのアイコンのアカウントをフォロー

公式アカウントの下メニュー右、「购票 服务」から「预约看熊猫」を選択すると
リンクが送られてきます。


予約システムを見て、驚愕!見学時間10分!!


まあ、一日1000人を二時間でさばくならそうなりますね。

必ず見られるとはいえ、10分かぁ。

昔の話ですが、成都のパンダ養殖研究所というところに行ったとき、がら空きの
園内で赤ちゃんパンダ見た事あるんですよ。
お母さんと一緒にお昼寝しててちっちゃかったです〜。ぬいぐるみサイズ。
散々見てたら、お母さんが寝返りうって、あかちゃんが消えてしまったのですが。
(お母さん、大きすぎ)

しかも。

予約するのに、ポイントがいるんですよ。一人につき200P、上限は三人までの
申し込みなので、最大限申し込みすると600P。
これはボーナスPが500もらえるので、二人までの見学なら大丈夫ですが、私のように
家族で行こうとなると足りない。夫にもフォローしてもらうか、あとは、
お友達をアカウントフォローに勧誘したら200Pとかあるんですが、面倒で。

ということで、三つ子という点は捨てがたいですが、行くのやめました。

それにこれ見るだけも、結構お腹いっぱいです。
まだ行った事ないし、パンダも見られるし〜という方は上記方法で是非。
(予約システムの様子を見てましたが、週末も満員なっていないので、
多分、当日パンダ館でも並んだりすれば見られるのではと推測します。)


最近、すこしやる気になってます。(こっそり宣言)
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
              

間違い電話先で担がれた話

ここ数日、私の生活は絶不調の洗濯機を中心に回っていました。
何しろ脱水機能が働いたり、ダメだったり。死んでしまった時にはこのブログでも
お馴染みのお向かいの奥さんにお願いして脱水だけさせてもらったり。
ついでに劣化した洗濯バケツが壊れたり。水分をたっぷり含んだ洗濯物を運ぼうと
持ち上げたらなんと横(水平)にばっくり割れました(驚)

修理もしましたが、完治せず、もう長年使ったから買い替えだねと
お店に行ってみた所、特売品のドラム式があったので購入しました。

で、うきうきで帰宅して確認すると置き場は問題ないのですが、
ドアを洗濯機が通過できない!事が発覚。
返品しようと、売り場のお姉さんが教えてくれた携帯電話にかけました。

すると、男の人がでたんですねぇ。そこでおかしいと思えばよかったんですが、
「王さん(売り場のお姉さん)は今いませんよ。もう少ししたら戻りますが。」とか言うのです。
売り場共通の携帯なのかなと早合点し、詳細を話すと、

「あ〜それなら、領収書もってお店にきてもらわないと」とか言うのです。

なので、夕飯を食べてからまたお店へ行き(徒歩10分なのでわけない)、
売り場へ行くと、返品など寝耳に水のお姉さんから、怒濤のフォロー攻撃。

ドア外せば大丈夫だとか、ドアがダメなら洗濯機の前部分外せるよ!(本当ですか?)とか。

結局、じゃあ入れてみましょうかということで、返品はなしになったのですが、
さっきの電話の話をしたら、お姉さん、
「そんな電話知らないわよ。」とおっしゃる。
お店の携帯でもなく、よく見たら、私が137とかけてしまったのは間違いで、
正しくは132だったのでした。

じゃあ、あの男の人は誰よ?

結論としては、ふざけて話を合わせたんだろうということになりました。

まんまと担がれてしまいました。

かけ間違えなければ、電話で話は済んだのに。損した気分です。

ちなみに、ドアを外して洗濯機を入れることは後ほど夫に大反対され、
翌朝結局キャンセルしました。今、まだネットで物色中です。
その過程で買おうとしていた洗濯機は3年前のモデルだったということも
分かり、その安さに納得し、返品してよかったと胸を撫で下ろしている所です。

もしお勧めのメーカーや機種があれば教えてください。是非。


最近、すこしやる気になってます。(こっそり宣言)
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
              

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



ブログランキング参加中です。どちらかクリックしていただけると更新の励みになります。宜しくお願いします☆

92人のブロガー登録中。超ローカル!
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村

中国全土の情報はコチラ。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

プロフィール

HN:
dayco.
性別:
女性
自己紹介:
73年東京生まれ。
98年から広州在住。当地で留学生、OLを経て現在主婦。
夫は潮州人、10歳長男、5歳長女は広州生まれの広州育ち。

10年のアジア大会開幕式で地元民並?に感動。実はこの土地にとても愛着があったらしい。

以前の記事は
http://ameblo.jp/dayco/
そのうち全記事移管します。

                     

ブログ内検索

最新CM

[07/06 みづき]
[06/18 そめごま]
[11/01 モグモグ]
[10/26 そめごま]
[10/26 阿信]

Copyright © 広州Gumbo : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]