忍者ブログ

広州Gumbo

中国・広州での日々の暮らし。国際結婚、海外育児、現地プチ情報などなど。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

長隆水上楽園@バングウ

先日書いた長隆水上楽園の抽選ですが、ダメでした。しかも読みは外れてて、まぁ、何番が当選か分かりませんが、踏みたい番号を踏むのも困難ですよね。結局運頼み。二日間見てましたが、1000アクセスに一度くらい当選者がでてて、しかもみんな考える事は同じなのか、8がらみのぞろ目などにアクセスがどっと増えるんですよね。早めに抽選しても終わってみるとアクセス番号がすでに8からもの凄くかけ離れてて。


ま、終わったことだし、長々書いてもしようもないことですな。
さて、今日はその、番禺にある長隆水上楽園について書きたいと思います。

長隆集団は番禺漢渓(地下鉄三号線)で動物園をはじめ、水上楽園(プール)、遊園地、ワニ園、ホテルなどのレジャー施設を運営しています。その昔、「香江酒店」という小さなレストラン(今もあります)から始まったレジャー事業は年々拡大し、広州市内からだけでなく、近郊の都市、香港などから観光客が訪れるまでに成長しています。

いつもながら、掲載する写真が無いのですが(今回はちょっと撮っておいたのに娘にほとんど削除されてしまった!)敷地への入り口はなかなか立派。チケット(大人198元、120センチ以下の子供無料、120-150センチは99元)を購入後、セキュリティチェックを受けて、入場します。

更衣室は、手前が更衣スペース(長いすと衣類を掛ける金具が壁に付いているただのオープンスペース)、奥がシャワースペースになっていて、ロッカーは隣接の建物に設置してあります。ロッカーはデポジット20元、使用料20元となります。プラスティック製の首からかけるコインケースがもらえます。

電子マネーを利用できるようにするためのカウンターなんかもロッカー棟の前にありました。みんなでがっつり遊びたい場合は便利でしょうね。荷物番する必要が無くなります。

それからいよいよプールエリアなんですが、そこに入る手間に救命胴衣のようなものを無料で貸し出しているテントがあります。150センチ以下の子供と泳げない大人は着用のこととあります。借りる時は前のファスナーや留め具が壊れてないか確認するのがベター。プールエリア内でこれを着用していない子供は、監視員に注意されます。

入るとすぐに、子供エリアになります。


何故か自分の写真は削除しない人 故意なのか偶然なのか

大人エリアも含め、背の立たないような深さのプールはないようです。
子供エリアには水遊びスペースにジャングルジムのようなものがあったり、シャワーが出るおきものがあったりで、奥にミニウォータースライダーが3コース有ります。4歳くらいまでは大人と一緒に滑ることができますが、あまり大きいと、子供一人で滑るように言われます。またここの名物「超级大喇叭」というアトラクションの子供版、「小喇叭」もあります。デカ浮き輪とゴムボートのミックスのような代物に乗って、巨大なラッパ型の傾斜を滑るのですが、遠心力でボートが浮いてしまうスリリングなアトラクションです。子供版でもひやっとするので、大人版(ラッパの大きさが3倍くらいある)はどんだけコワイのだろうか・・・。


オフィシャルサイトにあった大喇叭の写真。かなり大きいです。


小学校低学年くらいまでなら子供エリアで充分楽しめると思います。エリア外(子供エリア裏手)に、あとひとつ110センチから乗れる長いコースの滑り台があります。
あとの主要アトラクションは140センチからがほとんどです。

子供エリアを抜けると漂流コースがあって、その奥が波のプールです。
そこから先は見るだけで行っていませんが、幾つかアトラクションがあります。

各アトラクションは大体マットだったりボートみたいな乗り物を持って上がって乗るのですが、その順番待ちの中で白いリストバンドをしている人達が優先されていました。
他の来園者と係員の話をそばで聞いていたところ、長隆ホテルの宿泊客だということが判明。なかなかお得なサービスだと思います。(優先がないアトラクションもあり)

我が家のように小さい子連れだとメリットがあまり無いですが、ガンガン遊びたい場合はホテルに宿泊するのもいいかもしれません。

結局この日は3時間ほど遊んで下の子を見るのが限界となり、まだまだ遊びたくて消化不良の息子をなだめて帰りました。

息子と言えば、彼は青春時代を恐らく広州で過ごすわけですが、今はママと並んでるけど、そのうち彼女なんかと来たりするのだろうか・・・と順番待ちの時に若い子たちを見ながら思いました。きゃぁ。



季節や、入園時間帯、その他の要因でチケット価格が変わり、中にはお得なものも。詳細はこちらをどうぞ。
夏場は夜10時までやっているので、日に焼けたくない場合や、小さい子連れで長時間は滞在しない場合はお得なナイトチケット(17:30より)なんかもいいかもしれません。




どちらかクリックしていただけると嬉しいです。宜しくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
              



PR

白雲万達広場でぶらぶら 

この連休、何の予定もなく、どうしようかと思っていましたが、それなりに過ぎていきました。いつものことです。

日本人に嫁いだ夫の大学時代の同級生が広州に遊びに来ていて、在広州の同級生が白雲区の万達広場(旧白雲空港跡地に開発されたショッピングモール。ヒルトンホテルも隣接して建設中)で集まるということになり、私たちも付いていきました。

夫たちがレストランで食事をしている間に、私たちは適当にその辺をぶらぶらするという計画です。

17時半くらいに到着し、挨拶を済ませて、私たちは映画館へ。

IMAXのシアターもあります。


連休中ということもあり、とても混んでいる風ですが、9つのシアターがあるのですぐに入れました。ご飯時だったのもよかったのかも知れないですが。

「パイレーツ・オブ・カリビアン2」も上映中で、見たかったのですが、幼児二人連れとしてはやはり、「カンフーパンダ2」を選択。


新しくて立派な館内。座席も広くて(映画館の座席ってこんなものだったかしら?)通路も広かったです。

英語音声、中国字幕だったので、息子は分かったのでしょうか。
3Dはアニメの方が違和感なくて純粋に楽しめました。

終わってでたら20時過ぎ。すっかり「出来上がってた(多分ワイン一杯も飲んでないですけど)」夫と共に、私たちも遅めの夕食。


レストラン街では、ここ「九毛九」(長瀬くんが来たんだそうですね)と、


この「老西安」が人気でした。待てないので、隣の雲南料理「鑫桂园」へ。

写真がないんですけど、東山賓館に本店があるお店で、何度か行ったことがあるところです。こちらのお店の服務員(ウェイター、ウェイトレス)は雲南省の少数民族の人が沢山いました。私一人と(眠い)子供二人の食事なので簡単に。


もけもけの海藻みたいな食べ物。「凉拌野树花」だったかな?木に生える植物を黒酢で和えたもの。ちょっと苦みがあるけど美味しい。


「酸菜牦牛干巴炒饭」は、漬け物の辛みと酸っぱさが食欲をそそります。牦牛という牛の干し肉は山椒の風味がきいていて良いアクセントになっています。止まらない〜。

子供達は「过桥米线」を食べました。鶏のスープが美味しかったです。
夫は既に友人達と食べ終わっているので、子供達の世話を焼いてくれ、久々に食べに専念できました。嬉しかった。

本当は、老西安に行ってみたかったのですが、人が多いし、辛い料理だし。雲南料理も(辛いものが多いけど)なかなか行けずにいたので、久々に行けて良かったです。メニューも写真付きで分かり易かったです。「酸菜」好きの方にはオススメですよ。
万達広場は遠いので、東山口の本店(三育路44号東山賓館7号楼2,3階 東山賓館正門入らずに左手の建物です)がいいかな。


元気もりもりになったところで、ほろ酔いの夫を連れて、運転して帰りました。久々の夜の運転で緊張した




どちらかクリックしていただけると嬉しいです。宜しくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
              


口コミにて三水のホテルに行く

清明節の連休、何の予定もないはずの我が家でしたが。

連休前日に、夫の友人から「今、三水のホテルにいるんだけど、森林公園の中にあって、温泉もある。きれいだからおいでよ〜。」と言われ、翌日手配、行ってみることになりました。

行き当たりばったりなお出かけはいつもの事です。

三水というのは佛山市にあり、一昔はコカコーラより有名だった「健力宝」という清涼飲料を生産する企業のある地方都市です。広州から車でジャスト1時間くらいでした。

行ったことはないですが、「三水荷花世界」という蓮の花の公園も有名です。

現地に着いてみると。

森林公園ということだったので、森林浴でもできるようなところにひっそりとたたずむホテルを想像していたんですが、いやに立派なリゾートホテルって感じ?

ひっそり感全くなし。まぁ、夫の友人もそんなことは一言も言ってませんでしたが。

「绿湖温泉度假酒店」
昨年11月にオープンしたばかりでとても綺麗。


ロビー


ちょいとおされなバー@ロビー


客室(無人の状態で撮りたかったけど、無理無理!)
面積は広い部類に入る。入った瞬間、海南島三亜のリッツみたいだ、と思った。(同じじゃないけど)
ベッドはセミダブル1,ダブル1だった。


バスルームも広い。バスタブなし。タオルが毛足の長いふかふかのものでポイント高し。


せっけんだってかわいい。

温泉の方は、期待していなかった通り、ジャグジーなどがある温水スパ な感じ。
サウナや岩盤浴もできました。

屋外プールも同エリアに二つあり、子供用滑り台などの遊具もあって、夏は楽しそう。

ファンクションルームも充実していて、社員研修や会議もOK。

朝食付き(バッフェ。品数はややしょぼだけど、味は悪くない。パン類はイマイチ。)で600元。
ホテルの食事も広州市内で食べるより安い。

翌朝、ホテルの中華レストランは地元の人が飲茶に訪れていて大繁盛でした。連休だからかな。

往復交通費(高速代)、ホテルでの夕食代、上の子のエキストラ朝食代、帰りの昼食(山水市内レストラン)も全部入れて、1,000元ちょっと出たくらい。
どうせ色々な活動はできない小さい子連れ旅、広州から気軽に行ける距離で、プール入り放題で、部屋も4人が寛げるくらいの広さがあり、子供達も楽しそうで手が掛からないし、家事から解放されて、私的には、とても有り難かったです。

とにかく、あの気軽さが気に入りました。

なんでしょうかね、ハードは今どきの高級リゾートなんだけど、中身はスタンダードな中国のホテルだから?

子連れだし、今はそんなのが一番になっちゃうんですよね。
今度は同じく子連れの友達家族と行きたいです。





绿湖温泉度假酒店
佛山市三水区云东海街道绿湖山庄2号
http://www.greenlake-hotel.com







どちらかクリックしていただけると嬉しいです。宜しくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31



ブログランキング参加中です。どちらかクリックしていただけると更新の励みになります。宜しくお願いします☆

92人のブロガー登録中。超ローカル!
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村

中国全土の情報はコチラ。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

プロフィール

HN:
dayco.
性別:
女性
自己紹介:
73年東京生まれ。
98年から広州在住。当地で留学生、OLを経て現在主婦。
夫は潮州人、10歳長男、5歳長女は広州生まれの広州育ち。

10年のアジア大会開幕式で地元民並?に感動。実はこの土地にとても愛着があったらしい。

以前の記事は
http://ameblo.jp/dayco/
そのうち全記事移管します。

                     

ブログ内検索

最新CM

[07/06 みづき]
[06/18 そめごま]
[11/01 モグモグ]
[10/26 そめごま]
[10/26 阿信]

Copyright © 広州Gumbo : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]