忍者ブログ

広州Gumbo

中国・広州での日々の暮らし。国際結婚、海外育児、現地プチ情報などなど。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

楽しく小学校へ上がるために

二日前に突然、表題のような講演をやるから出席してくれと、幼稚園から通知がありました。

どこかの小学校の先生でも呼ぶのかなと思って、ちょっと期待していたのでしたが、民間業者の宣伝を兼ねた講演でした。

でも、宣伝といっても「興味があれば問い合わせ下さい」と数回言っただけで、当業者の方法がいかに素晴らしいかとか、そういったことは一切言及なし。

講演の内容も、幼稚園と小学校生活違いを今までの講演の父兄、学校の先生との交流で得られた事例も織り交ぜながら、客観的に淡々と紹介していて、好感が持てました。

詰まるところ、家庭での躾と、生活習慣の改善がスムーズな小学校生活への移行には重要だということです。

当たり前といえば当たり前ですが、一人っ子に大勢の大人が手をかけすぎて、じじばばより子供優先、未だに家ではご飯を自分で食べられないという子供が珍しくない中国の家庭では、身につまされる話も多かったのではないかと想像しています。

それから、改めて知った中国の小学校の実態。

授業は一コマ40分で、一日6コマ。(多分、1年生はもうちょっと少ない?)

英語は一年生から始まるが、テストがあるのは三年生から。

宿題に一時間半くらいかかることはざら。

集団と同じ事ができない(例えば、指定の制服を着ないとか、体操の時、動作がみんなと違うとか)と、クラスとして点数がもらえないので、先生が該当の生徒を集団行動に参加させないことがある。

四つ目なんか、ちょっとビックリですけど、以前、現地校に通わせいているママから、「運動会の前にふざけていたら、先生に怒られて参加させてもらえなかった」という話を聞いたことがあるので、よくある話なのかも。

クラスとしての点数なんて・・・子供も競争なら、先生も競争なんですな。

競争ついでに・・・息子の通う現地幼稚園は幼稚園的行事(遠足、学芸会、運動会)がほとんどないのですが、今回幼稚園からの近況報告を聞いたところ、非公開での出し物っていうか、先生の授業内容を競うコンテストみたいなものは多いみたいですね。

あとは、天河北周辺の幼稚園40箇所の中で5箇所しかもらえない称号を得たとか。

ついつい自分の幼稚園での経験と比べて、不憫だななどと思ってしまうのですが、息子は日本に帰る予定もなく、これから中国(人社会)で成長して行かなくてはならないので、現地校に通わせるというのが妥当だろうというのが我が家の判断なので、仕方ないです。

家庭でできるフォローはできるだけしてあげたいと思っていますが。
この話はまたいずれ。






どちらかクリックしていただけると嬉しいです。宜しくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村





PR

Comment

幼稚園行事がないのは

  • かなほ
  • URL
  • 2011-04-16 21:30
  • edit
寂しいですね…遠足や学芸会など1番楽しめる頃じゃないでしょうか?(自分の幼稚園の頃を思い出すとですが)
dayco.さんが現地校に通わせるのは“仕方ない”というように妥協されていますが^^;現地校に通わせるデメリットって何ですか?行事のことだけでしょうか?またブログでもいいのでよかったら聞かせてください^^

Re:幼稚園行事がないのは

  • dayco. 〔管理人〕
  • 2011-04-17 09:20
行事のことですが、最近の現地幼稚園は、運動会、学芸会や遠足なんかもあるところもあります。
うちの幼稚園も超不定期にならありました。遠足は年少の一個下のクラスの時にあり(ましたが、年少以上しか行けなかった)、運動会は年少の時。学芸会は10周年記念だとかで、年中の時にありました。開催が気まぐれ。予算不足?(学費安いですからね)内容は自分の経験したものと大分違っていましたが。

デメリットというか、何と言えばいいのでしょうか。とにかく、自分の受けた教育と違うことかなり多いです。幼稚園なのに、褒められる事をすれば「加分」怒られるようなことをすれば「扣分」みたいな。先生も優しいっていうか厳しい存在?勉強漬けの小学校も、私は全然賛同できないのですが、それでも夫は息子に普通の中国の教育を受けさせたいのですよね。(娘に関してはそんなにこだわってないみたいなんですけどね)
でも、学校教育が全てではなく、家庭での教育や、ある程度大きくなってから自分の努力で、学校教育や社会の影響から形成されたものを変えることはできると思うのです。夫を見ているとそう思います。だから夫の意思を尊重してもいいと私は思っています。
私自身自分の学校生活に関して、大人になって思いかえせば、いろいろ言いたいこともありますしね。

と、今は思えるのですが、今後はどうなんでしょうかね。その都度夫と相談しながら切り抜けます。

無題

  • いおそら
  • 2011-04-17 02:37
  • edit
確かに日本で生活する予定があるなら
日本語学校や、インターナショナルスクールも視野に入ってくるのでしょうが

先のことを考えると、やっぱり現地校なんでしょうね。

私でさえ、小さい長男をローカルインターに入れたことで
「日本に戻ったら大変よ」(別に大変とは思わないんですけど)
と言われたりしてますから…。

Re:無題

  • dayco. 〔管理人〕
  • 2011-04-17 04:57
そうなのです。我が家の場合、現地小中高と進学するっていうのが前提にあって。

異文化体験はその人にとってブラスに働くと私は思っています。いおそらさんのお子さんがこちらで経験したこと、日本に戻って日本社会に適応する過程で消滅させる必要なんてないと思います。かたわらに「こういう生活もあった」って置いておいて、その上で適応するものじゃないかなと思うので、大変ということもないのではないでしょうか。親のフォローが必要なことがあるとしても。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30



ブログランキング参加中です。どちらかクリックしていただけると更新の励みになります。宜しくお願いします☆

92人のブロガー登録中。超ローカル!
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村

中国全土の情報はコチラ。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

プロフィール

HN:
dayco.
性別:
女性
自己紹介:
73年東京生まれ。
98年から広州在住。当地で留学生、OLを経て現在主婦。
夫は潮州人、10歳長男、5歳長女は広州生まれの広州育ち。

10年のアジア大会開幕式で地元民並?に感動。実はこの土地にとても愛着があったらしい。

以前の記事は
http://ameblo.jp/dayco/
そのうち全記事移管します。

                     

ブログ内検索

最新CM

[07/06 みづき]
[06/18 そめごま]
[11/01 モグモグ]
[10/26 そめごま]
[10/26 阿信]

Copyright © 広州Gumbo : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]