忍者ブログ

広州Gumbo

中国・広州での日々の暮らし。国際結婚、海外育児、現地プチ情報などなど。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

三年生になりました

もたもたしていたら三ヶ月もブログ放置していました。
三ヶ月っていったら四半期ですよ。夏まるまる放置です。

でも、一日だってブログの事忘れた事はなかったんですよ、一応。書かなくてはな〜とは思っていたんですが、なかなかね。

さて。現地校は⒐月から新学年なので、息子も小学三年生になりました。

信頼していた担任の先生が新学期直前に他の先生に変わる事になり、親子共にがっかりしていましたが、新しい先生も若いながらもいい方のようで、まずは順調にスタートを切りました。

息子が三年生になって思った事。

学習内容がボリュームアップ。国語の漢字は以前より新出漢字数は減ったものの、画数が多くて大変。
「辮」とか、「瓣」とか(この二つの漢字、日本語みたいに、「弁」でいいじゃん?なんて思ってしまう。簡体字で略している割にはこういう漢字は残っているんですね。)書くの面倒くさいですよ、私だって。8歳の子供なら当然いやでしょうねぇ。
英語も週四コマになって、毎日単語を書く宿題が出たり。(一回の量はたいした事ないけど、毎日ある)

宿題をさっさと片付ける習慣を身につけないまま三年になった息子は、苦労しています。
相当だらだらとぐたぐたとやっていましたが、このくらいのボリュームになると、そうも言っていられない事が分かったようで、ようやく最近真面目に取り組むようになってきました。波がありますが、一時的にでもマシになったのは進歩でしょう。

同級生のお母さん達に会っても、やはり「宿題増えたよね〜」という感想で盛り上がります。
お向かいの子供も最近あまり遊びにこなくなってしまいました。どこも同じなのかな?

そんな中、先日保護者会があったので出席してきました。先生の話と言えば、勉強のこと。主要三教科の中、担当が二人変わったというのもあって、それぞれがそれなりの時間を割いて学習内容や要求について語る語る・・・。ちょっとげんなりすると同時に子供に同情しましたね。

余裕のある生徒はこれをやってみてもいいですなんていう教材の紹介の時には、保護者の皆さん、きっちりメモ取ってましたね。私はメモ帳を忘れたので財布にわんさか入っているスーパーのレシートの裏に、適当に聞き取れるのだけ書いておりました。うちは万一余裕があってもやらないよ!!と毒づきながら。

中には勉強が好きで、難題に挑戦するのが本当に好きな子もいると思うので、そういう子はやったらいいと思います。残念ながらうちはそういう風には育ちませんでしたので・・・もうちょっとほめて育てればよかったかなと反省はしているのですが・・・。

ひえ〜っと思った先生の要求。

国語  目標読書数 40万字/年 (毎日で均せば一日5、6ページですが)
英語  二週間に一冊くらいは原書を買い与え、生の英語に触れさせる。お勧めは「Oxford Reading Tree」

何よりその要求の具体的なところ、それをはっきりと提示する点が違うな〜と唸りました。

そして、中学に上がった卒業生が、先生に「中学に上がったら、自分の好きな本を読むひまなんてないよ!」と訴えるそうなんで、これから一体どんな事になってくのでしょうか。

驚くばかりです。



応援クリックして頂いてありがとうございます☆

にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
              




PR

親心

長男は現地校の二年生です。
特に問題なく学校生活を送っていますが、勉強面で言えば、国語が苦手です。
男の子はじっと座って手作業をするというのが退屈に思えるのかなんなのか、とにかく、「書く」ということを面倒くさがります。

漢字の書き取りの宿題も新出漢字一文字につき、二つの単語を書けばいいだけなのに、それさえイヤイヤこなしているので、恐らく頭にも入ってないでしょう。一週間も過ぎればかなりの割合で忘れてます。
それでも色々な漢字が次々と出てくるお陰で、だんだん部首と意味と音の関係などを結びつけ、以前よりは綺麗さっぱり忘れるということはなくなりましたが、まぁ、まだまだです。

また「読む」ということも面倒くさがります。
うちの子だけかもしれませんが、本は嫌いじゃないけど、「読んで」もらいたがります。
日本語、中国語両方の環境だと、どうしても「聞いて記憶」というのに重心が偏るのでしょうか。これも個人差があるとは思いますが。その割にはコロコロコミック等は熱心に読んでいますけど。これも結局「興味があるかどうか」なんでしょうかね。

私自身、本を本当に興味を持って読み始めたのが割と遅い方だったので、子供には早く慣れ親しんでもらいたいなと思う一方、「その時がくれば読み始めるさ」というのんびりした思いがあります。

でも、学校の担任(国語)の先生からは、
「とにかく教科書以外の本を読んでください!これだけは積み重ねがものを言うのでまだ読書の習慣のない子には今日からでも読ませるように!!これが後の作文の得意不得意に直結します!!!」
と幾度となく言われています。

私の印象では、中国の学校での「作文」というのはいかに言葉を「盛る」か、その辺が重要なようで、それには沢山の語彙を身につけておく必要があるのだと思います。
でも、ウチの息子が興味を持つ本と言えば、自然科学ものとか、よくて冒険譚系です。それも気まぐれに読むだけ。先生のおっしゃる通りには進められないのですよね。一緒に読んだとしても私も本の中の語彙について日本語のようには上手く説明できないし、そこからまたほかの語彙にまで広げてあげられるような中国語力はないですし・・・。この辺は夫に是非やってもらいたいところですが、彼も忙しくてあまり時間が取れません。



さて、毎学期一度くらい学校に業者が来て「本の即売会」が開かれます。
学習系、文学系、自然科学系などなどの本が10冊セットなどで安く買えるのでわりと人気があります。
息子に欲しいものはないのか聞いたとき、ないということだったのですが、その翌日の昼休み、担任の先生から電話がかかってきました。

「〇〇くん(息子の名前)が欲しい本があるみたいなんですが、今日の放課後本屋がいるかどうか分からないのですよね。もし本当に欲しいなら立て替えておきますがどうでしょう?」

とのこと。聞くと一セット130元とのことで、先生に立て替えてもらうなんて・・・と一瞬ためらいましたが、わざわざ連絡いただいたし、お言葉に甘えて買っておいていただくことにしました。

翌日お金をお返ししながら先生とお話ししましたが、
「〇〇くんが自分から、あの本はいつまで売っているのか聞いてきて、すごく欲しそうにしていたので」
とおっしゃっていました。確かにそこまで食いつくのは珍しい・・・恐らく先生も彼の国語力から普段本を読んでいないというのは当然察しがついていたのでしょう。

これはチャンス!!

と母親の私同様、思ってくださったのかと。

その後、国語の単元テストで彼にしては頑張った点数を取った時も、

「你真棒!(すごいね!)」と書いてくださって、息子も嬉しかったようです。
(彼にとって「いい」点数であり、決してクラスの中で一番とかではなかったと思うんですが)

その時は先生の「親心」を感じ、私も嬉しかったです。
国語の学習について急いで詰め込む気は毛頭ありませんが、息子が受け入れられる範囲で語彙を増やしたり、言葉について、表現について面白さを見いだせるように、私も努力しなくてはなぁと思います。難しいですけど。






応援クリックして頂いてありがとうございます☆

にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
              



一字一世界

本屋でたまたま「一字一世界」という本を見つけました。



中国の常用漢字の中から九百文字ほどを取り上げ、一文字につき見開き二ページを使って、左ページに字の成り立ち、意義などを、右ページにその文字に関する小話を紹介しています。

小話はちょっと頓智を働かせないと分からないものもあり、やや難しいのですが、私にとっては左ページだけでも勉強になります。

例えば、「宜」という字。ウ冠は屋内を意味し、一枚の板に月という字がのっている。月は日本語でも肉月というように肉を意味していて、これはすなわち、屋内の板に料理された肉がのっている様子を表しているそうです。

生でない、調理された肉・・・つまり食べてよろしいわけで、そこから適当である、という意味が発生したとのこと。

なるほど〜。

また、左端に甲骨文字から楷書まで代表的な書体が載っているのも見ていて楽しいです。

私が熱心に読んでいるので息子も興味を持ち始めました。ただ、自分で読むのは億劫なのか私に音読しろというので厄介ですが、少しでもためになるならばと私もかなり無理して音読もしています。

せっかくなら学校で習う字を見たら授業も面白いかなと思い、昨日もらってきたばかりの二年生教科書の新出漢字をチェックしてみました。(数字が書いてあるのは何冊目の何ページという意味)



前学期の漢字の方が一杯載っていましたが、今学期もそこそこあるようです。

息子は現地校に行っているにもかかわらず、関心のあるものを日本語環境で見てきたせいで中国語があまり好きではないようです。(かといって日本語が上手な訳でもないのですがねぇ)少しでも親しみを持ってもらえればと思っています。

「一字一世界」ピンイン順で全六冊です。まとめて買うならアマゾンがお得ですよ。三割引ぐらいでした。



応援クリックして頂いてありがとうございます☆

にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
              



カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31



ブログランキング参加中です。どちらかクリックしていただけると更新の励みになります。宜しくお願いします☆

92人のブロガー登録中。超ローカル!
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村

中国全土の情報はコチラ。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

プロフィール

HN:
dayco.
性別:
女性
自己紹介:
73年東京生まれ。
98年から広州在住。当地で留学生、OLを経て現在主婦。
夫は潮州人、10歳長男、5歳長女は広州生まれの広州育ち。

10年のアジア大会開幕式で地元民並?に感動。実はこの土地にとても愛着があったらしい。

以前の記事は
http://ameblo.jp/dayco/
そのうち全記事移管します。

                     

ブログ内検索

最新CM

[07/06 みづき]
[06/18 そめごま]
[11/01 モグモグ]
[10/26 そめごま]
[10/26 阿信]

Copyright © 広州Gumbo : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]