忍者ブログ

広州Gumbo

中国・広州での日々の暮らし。国際結婚、海外育児、現地プチ情報などなど。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タイミング悪し

ここ数日鳥インフルエンザのニュースから目が離せませんね。

2003年のSARSを経験(感染した訳じゃないですけど)し、このブログでもその昔話を奇しくもちょうど一年前に書いているのですが、昔と違うのは、様々な種類の情報が微博(中国のツイッター)なり、微信なりのSNS系アプリの利用により容易に入手できる、もしくはこちらが意図する事なくとも入ってきてしまう事でしょうか。

中国人の知人が微信でシェアしてきた情報の中に、
「私たちはSARSで学んでいる、オフィシャルな情報は信じちゃいけない・・・云々」などというものがあり、それもそうだよねと思う一方、出所の分からない情報に踊らされるのもね、と思います。

感染者が広州に出現しようと、何人に増えようと、これは自分ではどうにもなりません。自分が出来るのは「予防」だけです。

インフルエンザの感染源となりそうな鳥、豚などの家畜を扱う場所に近づかない。
感染予防となる手洗い、うがいの励行。
日頃より運動をし、睡眠をよく取る、食事等も健康に配慮。
人混みを避ける。

人混みは・・・前勤めてた会社のお客さんでSARSに罹ってしまった人がいて、その人が語った所によると、周りに感染者もおらず、心当たりがあるとすれば自分のショッピングという趣味、つまり人混みによく出ていたのが原因ではないかということでした。無闇に出かけるものではないなと当時恐ろしく思ったものです。

あと、病院にもできれば行かない方がいいですよねぇ。

でも、私、現在眼科に通院中で、来週も(おそらくまたその翌週も)行かなければいけないのですよ。
なんとタイミングの悪い。
しかたないですよね。マスクをして予防に努めます。


この時期、毎年インフルエンザが流行しますが、新聞で見た中医学の先生のコメント。

「今年の春は雨天が続き、“寒湿” の天気である。特に華南においては湿気が高く、最近病院にかかる患者に多いのが“脾が弱り痰(これは所謂痰ではなくて、あらゆる体液について滞って出来るものを言う)が湿っている” 状態である。よって、板藍根(インフルエンザの予防にいいと言われている)などの寒性(熱の反対)寄りの生薬はあまり治療に適さない。・・・」

ウチにも常備薬的に板藍根がありますが、これもあまり素人判断で飲まない方がいいようです。
難しいです、中医は。
それに引き換え、風邪をひかないように規則正しい生活をしたりとか、運動をするとか、暴飲暴食をしないとかは誰でも出来る予防ですよね。

結局は普段と同じように、無理せず生活するというのが一番という話になりそうです。




応援クリックして頂いてありがとうございます☆

にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
              



PR

お向かいの奥さん その2

このブログによく出てくるお向かいの奥さん。
我々のおつきあいもかれこれ3年近くでしょうか、先日もこんな記事を書いた通り、相変わらずいい関係だと(私は)思っています。

彼女は働いている上、家事は一切自分で切り盛り、旦那さん(長男)の姉妹がちょくちょく来てはご飯を食べますが、支度も全て彼女がやってるようです。
時々呼ばれてお邪魔しますが、完璧ではないけれど見苦しくない程度には家も片付けてあり、ご飯も作るのも早いし、つまりは、働き者で作業も早い人です。

ある日、

「ね、そのピアスの穴、そんなに下に開いてて大丈夫?」

と話しかけてきて、聞けば、ハマっている韓流ドラマに感化されて自分も穴を沢山開けたいとのこと。

私は左右二つずつピアスをつけていて、

「片方だけ三つ開けたいんだよね〜。」

などと言うと、

「じゃ、今度一緒に開けに行こうよ。正佳広場の地下に沢山あるじゃない。」

と誘ってたのに、その翌日には、

「ね、ね、見て。用事で外出した先でさ、ちょうどあったのよ〜。で、二つずつ開けちゃった。」

と、三つずつピアスが着いた耳を見せにくる。本当に行動が早い!

私なんか、今開けたら季節的に化膿しやすそうかなとか、(当時は)三十も過ぎて三つも四つもおかしいかなとか、そんなことをいいながら5年くらい経ってしまっているというのに。
(で、結局今年入ってすぐに三つ目を開けたんですけど)

子供の保険の話になれば、実は保険外交員をやってたということで、話を聞いてくれ、翌日には見積りを持ってきてくれる。

あれくらい行動が早ければ、彼女のタスクも難なくこなしているのだろうなと納得できます。


先週末、彼女の同僚が焼いたという手作りクッキーを持ってきてくれました。

そうしたら、今日、

「ね〜。ネットでオーブン買ったのよ。見に来てよ〜。」

と声をかけられました。先日同僚がお菓子作りは簡単だよと言ってたので早速買ったそうです。

話していると、お菓子作りの常識は全くなさそうなんですが、それでもオーブンがなくては始まらないのは確か。まずは買わないとね。本当に行動が早いです。

そのうち色々作って持ってきてくれるのでしょうか。

うちもビザくらいは焼くよと言ったら、興味を示してたので、そのうち二人でせっせといろんなものを作る日々が始まるかもしれません。

太らないようにしなければ。






応援クリックして頂いてありがとうございます☆

にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
              



おおらかな人々

広州のビル駐車場は入り口にカード発券機、出口に有人ゲートがあり、帰りはそこで清算、出庫という形が多いです。

先日利用したビルの駐車場はちょっと変わっていて、出口に向かって坂を上ろうとする手前5mくらいのところに有人窓口があり、車は右折してから坂を上るので非常に見落とされやすい所に位置しています。

友人が運転していた車も見事窓口を見落として通り過ぎようとした瞬間、その存在に気づき停車、停車位置と窓口は勿論離れていて、手を伸ばしてお金のやり取りが出来る距離ではありませんでした。

車を降りなくてはと思った瞬間、窓口からにゅ〜っと魚取り網のようなものが伸びてきました。
熱帯魚を飼ったりすると使う、口が四角いちょっと深めの網です。
しかも、自分で改造したみたいで通常の網より持ち手が非常に長くなってます。1m以上ありそうな勢いです。

そこに駐車券を入れろという事のようです。

友人がけらけら笑いながら、

「这么好啊。」【(これいいね〜)もしくは窓口の人に対して(親切だね〜)と言ったのかも】

と言えば、窓口のおじさんも、

「嘿,什么都有啊〜。」(何でもあるよ〜。)

と笑顔で応酬。しかし、

「诶,这个不对啊!」(あれ、これちがうよ!)



・・・友人、間違ってスタバのカードをおじさんに渡していたようです。

そこですまながる友人とおじさんまたけらけら。もう一度カードを網に入れ直しました。

「20元。」

またにゅ〜っと網が伸びてきて、そこに20元入れておじさんが回収するのですが、その網の深さが絶対にお金が落ちないような絶妙な深さなんですよね。

この非常に悪い位置に設置された清算窓口はどうにもならないので、お互い不愉快にならないようにおじさんが考えた対策だと思うんですが、ちょっと笑えるし、ナイスアイデアなのでは。

こういったことを何でもなく笑ってやりすごせるおおらかな人々、いいなと思います。

清算が終わってカードをもらった友人、今度は坂の途中のゲートで機械にカードを挿すんですが、なぜかまたスタバのカードを挿そうとしていたので慌てて止めました。

機械は笑うどころか、壊れるかもしれませんからね〜。あぶないあぶない。









応援クリックして頂いてありがとうございます☆

にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村
              



カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31



ブログランキング参加中です。どちらかクリックしていただけると更新の励みになります。宜しくお願いします☆

92人のブロガー登録中。超ローカル!
にほんブログ村 海外生活ブログ 広州情報へ
にほんブログ村

中国全土の情報はコチラ。
にほんブログ村 海外生活ブログ 中国情報(チャイナ)へ
にほんブログ村

プロフィール

HN:
dayco.
性別:
女性
自己紹介:
73年東京生まれ。
98年から広州在住。当地で留学生、OLを経て現在主婦。
夫は潮州人、10歳長男、5歳長女は広州生まれの広州育ち。

10年のアジア大会開幕式で地元民並?に感動。実はこの土地にとても愛着があったらしい。

以前の記事は
http://ameblo.jp/dayco/
そのうち全記事移管します。

                     

ブログ内検索

最新CM

[07/06 みづき]
[06/18 そめごま]
[11/01 モグモグ]
[10/26 そめごま]
[10/26 阿信]

Copyright © 広州Gumbo : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]